育毛剤と発毛剤はどちらがより薄毛に効果的?

薄毛対策

抜け毛・薄毛を改善するための商品といえば「育毛剤」や「発毛剤」ですよね。しかし、どちらの方が薄毛改善に効果があるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、薄毛により効果的なのは「発毛剤」だと言えます。育毛剤はその名の通り、今ある髪の毛を「育てる」ことに重点を置いた商品です。
一方、発毛剤は新たに髪の毛を「生やす」ことに特化した商品だからです。

以下でより詳しくご説明します。

育毛剤は「今ある髪の毛を健康に育てる」ための商品

育毛剤には以下の効果があります。

  • 炎症やフケの発生の抑制
  • 頭皮の血行促進
  • 頭皮の保湿

こうした効果によって頭皮環境を整えて抜け毛を予防し、さらなる育毛効果を目指すための商品が育毛剤です。上にも書きましたが、その名の通り、今ある髪の毛を「育てる」ための商品なのです。

育毛剤には、

  • 血行を促進し細胞を活性化させる効果があると言われている「センブリエキス」や「イチョウ葉エキス」
  • 薄毛・抜け毛を引き起こす原因の1つであるジヒドロステロン(男性ホルモンの一種)の分泌を抑制する「オウゴンエキス」や「ノコギリヤシ」

などの育毛成分が配合されています。

また、育毛剤は「医薬部外品」に該当するものがほとんどであるため、身体に対する作用が緩やかで副作用も少ないと言われており、比較的安全に使用することができます。ドラッグストアやインターネットなどで手に入れやすいのも特徴です。

ただし、そのぶん発毛剤よりも効果は劣りますので、新しく髪の毛を生やすというよりも

  • これ以上抜け毛を増やしたくない
  • 現状維持したい
  • 今ある髪の毛を太く・強くしたい

という方に適しています。

発毛剤は「脱毛した部分に新たな髪の毛を生やす」ための商品

発毛剤
一方、発毛剤は髪の毛の生成・成長の元となる「毛母細胞」と呼ばれる細胞に、直接働きかけて発毛を促します。発毛剤に含まれる成分は毛母細胞を活性化させ、細胞分裂を誘発する効果があります。それによって髪の毛の生成が促進され、脱毛している部分から新しく髪の毛が生えてくる効果が期待できるのです。

発毛剤には、

  • AGA治療の代表的な薬であり、男性ホルモンの分泌を調整する効果がある「フィナステリド」
  • 血行促進に効果があると言われている「ミノキシジル」や「塩化カルプロニウム」
  • ミノキシジルとほぼ同じ効果があるとされる「M−034」

などの発毛成分が含まれているものが多いです。

このように、現在生えている髪の毛を維持し育てることを目的とした育毛剤とは違い、新たな髪の毛を「生やす」ための商品なので、薄毛改善の効果は育毛剤よりも一般的に大きいでしょう。
そのため、

  • 薄毛の進行が酷く脱毛部分が多い
  • 脱毛部分から新しく髪の毛を生やしたい

という方に適しています。

ただし、発毛剤は「医薬品」に該当するものが多く、そのぶん副作用のリスクも高くなってしまいます。また、入手するには処方箋が必要な場合もあるため、育毛剤のようにいつでも気軽に手に入れることができるわけではありません。

薄毛改善により効果的なのは発毛剤!

これらの違いから、薄毛改善の効果がより期待できる商品は「発毛剤」だと言えるでしょう。育毛剤を使ったけれど効果がなかったという方や、より効果のある方を試してみたいという方は、これを機に発毛剤を使用してみてはいかがでしょうか。

ただし、上にも書いた通り、発毛剤はかゆみやかぶれ、頭痛や動悸などの副作用が生じる可能性もあります。敏感肌の方やアレルギー体質の方、使用によって少しでも身体に異変を感じた方は、ただちに使用を中止して薬剤師や医師に相談するようにしてください。

育毛剤と発毛剤、それぞれの特徴をしっかりと理解した上で適切に使用し、薄毛の改善を目指していきましょう!

お気軽にお問い合わせください。0120-970-946営業時間 平日Open 10:00~Close 20:00・土日祝日Open 9:00~Close 20:00